会社沿革

会社沿革

明治43年(1910)11月
 川田機業場 創立
 創業者川田常次郎が絹織物業を創始。絹織物製造 羽二重、縮緬、紗、銀条紗。

昭和23年(1948)11月
 資本金52万円にて設立。企業第一次復元により輸出織物の生産に入る。
 当初力織機20台。旭化成工業(株)ベンベルグジョーゼットの生産に入る。

昭和25年(1950) 5月
 経編機を導入し、トリコット部門を併設。旭化成工業(株)指定工場となる。

昭和34年(1959) 5月
 英国ステイビー社製の丸編機を導入し、ジャージー部門の併設を行う。

昭和35年(1960) 5月
 織物部門を廃止し、ニット部門に集中する。

昭和39年(1964) 8月
 輸出トリコット生地専門工場の城端ニット株式会社を設立。

昭和44年(1969) 8月
 輸出専用の大型・省力化を目的としてケーシーアイ・ワープニット株式会社を設立。

昭和45年(1970) 2月
 特繊法により通産大臣承認を受け社名を川田ニット株式会社と改称。
 北野工場を新設する。

昭和51年(1976)11月
 開発部を改革し、三啓ニット株式会社を設立。

平成 3年(1991) 2月
 新繊維法による構造改善事業の認可を受け、協同組合三豊繊維を設立。
 整経の集中化と開発の充実を目指す。

平成 7年(1995)11月
 中国寧波市に130万ドルで現地法人 寧波三同編織有限公司を設立。

平成10年(1998) 3月
 大阪営業所開設。

平成13年(2001)11月
 城端ニット株式会社と合併し、資本金6000万円となる。

平成22年(2010)11月
 創業100周年を迎える。